なないろってどんないろ

まるちゃん中心に語る、関ジャニ∞のファンブログです

ビジュアルコメンタリーの魅力

まずは、ヒナちゃんイフオア完走おつかれさまでした!

最終公演まで、無事トラブル無く終えることができて何よりです。

私は今回観に行くことが出来ませんでしたが、その寂しさを埋めるために、ヒナちゃん関連の映像や雑誌を摂取し続けた結果、今まで以上にヒナちゃんの事が好きになり、魅力に気付くことが出来た数か月でした!

来年こそは、どうかご縁が巡ってきますように!!

 

そして、ヤスくんが週替わりでMCを担当していた『イチゲンさんおはつできますか?』が、19日に最終回を迎えました。

週替わりとはいえ、貴重なヤスくんMCの番組が終わってしまうのはとても寂しいことです。

トーキョーライブの頃のヤスくんの映像を見るにつけ、なぜ私はこんな素敵な番組を見逃していたんだと、当時の私を殴りたい衝動に駆られます(^^;)

とは言え、別れがあればまた新たな出会いがあるもの。

いつかまた、画面いっぱいのヤスくんの笑顔が見られる番組に出会えることを期待して、ひとまずはヤスくんおつかれさまでした!

 

さて、本題に参ります。

先日、関ジャニ'sエイターテイメント LIVEDVD&Blu-rayの発売が発表されました。

本編やメイキングの内容も、もちろん気になるところですが、私が楽しみにしているもののひとつ、それがBlu-ray版に収録されている、ビジュアルコメンタリーです。

ビジュアルコメンタリーとは何ぞや?と思われた方。

ざっくり言うと、エイトさんたちがコンサートの映像を見ながらキャッキャウフフしているところを見て、ニヤニヤしようぜ!というものです。

つまり、オープニング映像の撮影秘話や、エイトレンジャーでの裏話、よこすばのハダカを見てニヤニヤするメンバーなど、オフショットの数々が見られるわけです。

お願いだからカットせずに、ライブ全編の反応を見せてくださ~い!っていうのは無理なお願いでしょうか…?

カットされるとしたらMCあたりかなぁ…

 

関ジャニでビジュアルコメンタリーといえば、『エイトレンジャー2 八萬市認定完全版』に特典DVDとして収録されていますね。

f:id:toritoma425:20170325044356j:plain

この映像の魅力といえば、メンバーと一緒に映画を鑑賞している気分が味わえることです。

冒頭から、お布団?に寝っ転がってくつろぎモードなすばるくんとか(でもなぜか顔は険しいwww)、終始落ち着きのないまるちゃんとか(なんで両手に飲み物もってるの?w)、時間が経つにつれて、楽屋ノリになっていく彼らの様子を鑑賞することができます。

ただエイトさんメインの映像だと、映画本編が音声のみになるので、いまいちどの部分に反応しているのかが分かりにくいのが難点。

この点は多くの人が不満点として挙げていると思うので、今度のコメンタリーはそのあたりを改善していただけると嬉しい。

ちなみにV6兄さんの最新ライブDVD*1にもビジュアルコメンタリーが特典として収録されているんですが、そちらはきちんとライブ本編が小窓で表示されていて、非常に見やすいです。

 

調べてみると、エイトさん出演の過去の作品にも、ビジュアルコメンタリーがついてるものが結構あるんですね。

以下リリース順に紹介しておきます。

■ちょんまげプリン初回限定版 錦戸亮

県庁おもてなし課 コレクターズ・エディション 錦戸亮

■100回泣くこと 愛蔵版<初回限定生産> 大倉忠義

■ばしゃ馬さんとビッグマウス コレクターズ・エディション<初回限定版> 安田章大

■抱きしめたい-真実の物語- メモリアル・エディション 錦戸亮

※音声のみのオーディオコメンタリー

以上、漏れがありましたらすいません。

 

13日のまるちゃんの日記に、「メンバーみんなでこたつでわちゃわちゃ、ほぼ笑いっぱなし」という記述がありますが、コメンタリーの収録だったのかな?

もしそうだったとしたらこんなメンバーの図が見られるわけですよね!

f:id:toritoma425:20170325041654j:plain

こたつでわちゃわちゃが楽しいのは、24時間共同生活罰ゲームで実証済みだし、ますます期待が高まります!

発売はまだまだ先ですが、エイトレンジャーや24時間罰ゲームを見ながら脳内補完しつつ、楽しみに待ちたいと思います!

*1:V6 LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995〜FOREVER- 初回限定B盤